Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティソフトの新種がランクイン、ウェブ経由の感染に注意 - マカフィーレポート

マカフィーは、7月に同社データセンターで検知したウイルスなどの状況を取りまとめた。偽セキュリティ対策ソフトやオートラン機能を悪用するワームなどの活動が目立っている。

同社が取りまとめた「検知企業数」や「検知マシン数」のランキングには、前月同様オンラインゲームのパスワードを盗み出す「Generic PWS.ak」や「PWS-Gamania」が入った。これらのウイルスをリムーバブルメディア経由で感染させる「Generic!atr」も同様に、「検知企業数」と「マシン数」のランキングでトップを占めている。

また7月は、偽セキュリティ対策ソフト「SysInternals Antivirus」の検知名「FakeAlert-SysIntAV!env.a」が、「検知企業数」の3位、「マシン数」で7位にランクインした。偽セキュリティ対策ソフトはこれ以外にも多数確認されており、SNSや検索サイトから感染するケースが多いと同社は指摘している。

同時に検知データ数9位に入っている「W32/Sality」や、ランキング圏外の「W32/Virut」など、ポリモーフィック型のファイル感染型ウイルスについても注意を喚起している。感染に気付きにくく、一度感染すると多数のファイルへ被害が広がるため、企業内で感染するとシステム全体に被害が及ぶおそれがあるという。

同社が発表した検知マシン数のトップ10は以下のとおり。

ウイルス

1位:Generic!atr
2位:W32/Conficker.worm.gen.a
3位:W32/Conficker.worm!job
4位:Generic PWS.ak
5位:Generic.dx!tcv
6位:PWS-Gamania.gen.a
7位:FakeAlert-SysIntAV!env.a
8位:Generic.dx
9位:Generic Malware.a!zip
10位:Generic Dropper.p

不審なプログラム(PUP)

1位:Generic PUP.x
2位:Adware-OptServe
3位:MySearch
4位:Generic PUP.d
5位:RemAdm-VNCView
6位:Generic PUP.z
7位:MWS
8位:ASKToolbar.dll
9位:Adware-Softomate.dll
10位:SearchSettings

(Security NEXT - 2010/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍