Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティソフトの新種がランクイン、ウェブ経由の感染に注意 - マカフィーレポート

マカフィーは、7月に同社データセンターで検知したウイルスなどの状況を取りまとめた。偽セキュリティ対策ソフトやオートラン機能を悪用するワームなどの活動が目立っている。

同社が取りまとめた「検知企業数」や「検知マシン数」のランキングには、前月同様オンラインゲームのパスワードを盗み出す「Generic PWS.ak」や「PWS-Gamania」が入った。これらのウイルスをリムーバブルメディア経由で感染させる「Generic!atr」も同様に、「検知企業数」と「マシン数」のランキングでトップを占めている。

また7月は、偽セキュリティ対策ソフト「SysInternals Antivirus」の検知名「FakeAlert-SysIntAV!env.a」が、「検知企業数」の3位、「マシン数」で7位にランクインした。偽セキュリティ対策ソフトはこれ以外にも多数確認されており、SNSや検索サイトから感染するケースが多いと同社は指摘している。

同時に検知データ数9位に入っている「W32/Sality」や、ランキング圏外の「W32/Virut」など、ポリモーフィック型のファイル感染型ウイルスについても注意を喚起している。感染に気付きにくく、一度感染すると多数のファイルへ被害が広がるため、企業内で感染するとシステム全体に被害が及ぶおそれがあるという。

同社が発表した検知マシン数のトップ10は以下のとおり。

ウイルス

1位:Generic!atr
2位:W32/Conficker.worm.gen.a
3位:W32/Conficker.worm!job
4位:Generic PWS.ak
5位:Generic.dx!tcv
6位:PWS-Gamania.gen.a
7位:FakeAlert-SysIntAV!env.a
8位:Generic.dx
9位:Generic Malware.a!zip
10位:Generic Dropper.p

不審なプログラム(PUP)

1位:Generic PUP.x
2位:Adware-OptServe
3位:MySearch
4位:Generic PUP.d
5位:RemAdm-VNCView
6位:Generic PUP.z
7位:MWS
8位:ASKToolbar.dll
9位:Adware-Softomate.dll
10位:SearchSettings

(Security NEXT - 2010/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も