Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ改ざんの修正漏れが判明、ウイルス感染の可能性 - 東電子会社

東京電力の子会社で、7月にウェブサイトの改ざんを公表していたリビタは、再開したウェブサイトの一部ページに改ざんの修正漏れがあったことを明らかにした。

改ざんが発生したのは、同社が運営するウェブサイト「シェアプレイス」。ウイルス「Gumblar」による改ざんが7月11日早朝に発生、その後同月13日に修正が完了したとして15日に被害を公表し、利用者へウイルス感染の確認を呼びかけていたが、8月2日に再度チェックを行ったところ、問い合わせページの改ざんが修正されていないことに気が付いたという。

同社では8月4日にウェブサイトを閉鎖。7月11日から同日までに同サイトを閲覧した場合、ウイルスへ感染しているおそれがあった。同社のコーポレートページについては、異なるサーバで運営しているため改ざんは発生しなかった。

同社はサイトの利用者に対し、感染の有無を確認するよう呼びかけている。また同社では感染の原因について詳細な調査を実施する方針。

(Security NEXT - 2010/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布