Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

肝炎治療受給者の個人情報を紛失、1年にわたり本人に通知せず - 広島県

広島県において、個人情報含む肝炎患者受給者証交付申請書類など9件を紛失していたことがわかった。1年前に判明していたが公表しておらず、本人にも通知していなかった。

紛失していたのは、県内の保健所から県庁の健康対策課に送付された肝炎インターフェロン治療受給者証交付申請書や添付書類など9人分。申請者の氏名、住所、生年月日、性別、疾病名、受診医療機関などが記載されている。

2009年4月から8月にかけて紛失が判明した際、申請書の写しに基づいて通常通りの処理を実施。その後各保健所に再発防止策などの指示を行ったが、本人への謝罪や公表、関係部署への連絡などは実施しなかった。

2010年7月20日に書類を整理していた際、紛失時の対応に問題があることが判明。対象となる申請者への謝罪や公表などを行った。

(Security NEXT - 2010/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
申請書などを保管期間満了前に誤廃棄 - 港区
県南健康福祉センターで個人情報記載書類を誤送付 - 栃木県
医療費受給者証の更新申請書で個人情報を誤記載 - 下関市
段ボール箱開き個人情報含む書類がトラックから飛散 - 岩国市
ふるさと納税のマイナンバーを異なる自治体へ誤送付 - 都城市
「自動車重量税納付書」を保管期限前に誤廃棄 - 国交省
自動車重量税納付書を誤廃棄 - 国交省
療養費データ12.7万人分のデータが所在不明 - 大阪府国保連
高校で海外研修参加生徒の旅券写しなどを紛失 - 大阪