Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

続く猛威、夏休みのネット詐欺被害に注意 - 常時20サイトが稼働中

情報処理推進機構(IPA)へ、アダルトサイトを中心としたワンクリック請求に関する相談が多数寄せられている。夏期休暇は、家庭でのインターネット利用時間が増加し、こうしたウェブサイトへ遭遇する機会も増えることもあり、同機構では注意を呼びかけている。

2010年6月以降の相談件数が2万件を上回っており、7月も805件で2009年11月の903件に次ぐ過去2番目の状況だった。こうしたトラブルの増加について、同機構は、ワンクリック請求を行うサイトの増加と、利用者における認識不足に起因していると指摘する。

同機構の調査では、毎月10サイト前後があらたに設置されており、常時20サイトが稼働している状態。一方、不用意にクリックした結果マルウェアの感染や料金の請求に至るという手口に大きな変化はなく、それにも関わらず相談が後を絶たないという。

同機構は、マルウェアを埋め込まれるまでに、説明ページが用意されていたり、ソフトがインストールされる前にOSが警告表示を行うなど注意すべきポイントがあると指摘。安易にボタンを押さず、画面の記載された内容をよく確認した上で行動し、請求画面が表示されても業者に連絡を取らず、最寄りの消費生活センター等に相談するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
「詐欺被害相談サイト」に見せかけた架空請求に注意を - 電話番号でSEOか
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移