Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脱獄アプリなどと誘い、トロイの木馬に感染させるメールに注意

BitDefenderは、メールで「iPhone」のジェイルブレイク用アプリケーションなどとしてユーザーの気を引き、不正サイトへ誘導、ウイルスへ感染させる攻撃が発生しているとして注意を呼びかけている。

同社によれば、今回確認されたメールの指示に従いリンクをクリックすると、ソフトのダウンロードがはじまり、トロイの木馬「Trojan.Generic.3010833」が起動するという。同ウイルスはキーロガーの機能を備えており、PC上で入力した情報をフリーメールのメールアドレスへ転送するとため、利用したサイトやアカウント情報などを窃取されるおそれがある。

4月にも「ジェイルブレイク」用のアプリケーションに見せかけ、「Trojan.BAT.AACL」をダウンロードさせる手口が発生しているが、今回は別の手口だった。同社ではジェイルブレイク用のアプリケーションを入手しようとしているユーザーへ、不審なリンクや添付ファイルを開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
「CODE BLUE」の基調講演にGeorge Hotz氏 - 「犯罪対策トラック」やCTFなど新企画も
SECCON予選も佳境 - 横浜大会ではルート化禁止できないゲーム業界の裏事情も
IPA、iPhoneやiPadの深刻な脆弱性「Trident」に注意喚起 - 被害拡大のおそれ
Apple、「iOS 9.3.5」でゼロデイ脆弱性「Trident」を修正 - 諜報ソフトが悪用
ルックアウト、法人向けモバイルセキュリティ製品にMITM対策機能
約20人に1人が業務用スマートフォンをルート化
ソフォス、データ保護機能を強化したMDMソフト
「iPhone脱獄用ファイル」は「PDFエクスプロイト」 - F-Secureが指摘
脱獄iPhone狙うマルウェア - Apple IDを窃取