Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アプリ脆弱性への攻撃が目立った7月 - Kasperskyレポート

Kaspersky Labs Japanは、同社が7月に観測したマルウェアの状況について取りまとめた。

同社によれば、ユーザーのPC上で検知されたマルウェアランキングでは、上位10種に変動はなく、1位は前月と変わらず「Net-Worm.Win32.Kido.ir」だった。感染台数は26万1718台と4万台ほど減少している。

20位圏内にはあらたに6種が観測されている13位と16位には「P2P-Worm Palevo」の新しい亜種ランクインしたほか、15位にはInternet Explorerの脆弱性「CVE-2010-0806」を悪用する新しい亜種「Exploit.JS.CVE-2010-0806.aa」が入っている。

一方、ウェブサイトで検知されたマルウェアランキングでは、トップ20のうち13種が新規のマルウェア。1位はIEの脆弱性「CVE-2010-0806」を悪用する「Exploit.JS.Agent.bab」。6位と17位にも同じ脆弱性を悪用するプログラムがランクインしているという。

(Security NEXT - 2010/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移