Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VLANに対応した「持ち込みPC」対策製品 - 日本CAD

日本シー・エー・ディーは、組織内のネットワークに対する不正接続を検知し、排除できるアプライアンス「IntraGuardian2 EX」を発売した。

同製品は、ネットワークへ接続することで、未登録端末のネットワーク接続を検知し、管理者へ警告するメールを送信したり、自動的に排除することができるセキュリティソリューション。一時的に許可する保留機能なども備えている。

今回発売となる同製品は、従来製品「IntraGuardian2」の上位版にあたり、1台で「8VLAN版」は8セグメント、「16VLAN版」は最大16セグメントまで対応。VLANセグメントあたり最大1万台のMACアドレスを登録して利用できる。

対応OSは、「Windows XP」「同Vista」「同Server 2003」「同2008 Server」。価格は、「8VLAN版」が24万円、「16VLAN版」が42万円。

(Security NEXT - 2010/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、100社限定で「WS 2003」発見サービス
未承認端末の接続防止「IntraPOLICE II」 - パナ社内ベンチャー
NEC、不正持込端末の接続を防ぐ中小向けアプライアンス
NTTコム、社内メールに安全にアクセスできる「モバイルコネクトサービス」を提供
ソフトクリエイト、持込端末の不正接続を防止する「L2Blocker」の新版
MOTEXとソフトクリエイトが協業、不正PC遮断ソリューションを提供
ソリトン、「iPhone」や「Android」を認識できる検疫アプライアンスを発売
ハンモック、不正PC遮断ソリューションがタグVLAN環境に対応
不正接続を防止するIPアドレス管理アプライアンスを発売 - キヤノンITS
日立システムアンドサービス、不正PCの接続防止ソリューション - 基本的な設定のみで利用可能