Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、セキュリティ対策ソフト「50年分」をプレゼントするキャンペーン

マカフィーは、同社のコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「マカフィーインターネットセキュリティ 2010」50年分を抽選でプレゼントするキャンペーンを開始した。

同キャンペーンは、「マカフィーインターネットセキュリティ2010」1年3ユーザー版の50パッケージを抽選で10人にプレゼントするもの。3ユーザー版のため、最高150台で1年間分のライセンスとして利用することもできる。応募はハカギで受け付け、締め切りは8月23日。

同社では、「ハッカー文化」が1961年9月にはじまり、今年で生誕50年を迎えることを記念して今回のキャンペーンを企画。元来「ハッカー」は、すぐれた技術者を指す言葉で、深い知識や技術などによりセキュリティの発展にも寄与したとして、敬意を表したという。

(Security NEXT - 2010/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
店舗で金庫持ち去り、現金と顧客情報が被害に - ステーキのどん
顧客の個人情報含むファイルを誤ってメールに添付 - エコランド
InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明
民放公式アプリ「TVer」Android版に脆弱性 - 修正版がリリース
楽天店舗装った「プレゼント当選」メールに注意 - 偽サイトは1万4000件超
プレゼントの当選通知メールで誤送信、メアド流出 - JR九州
J-WAVEに不正アクセス - ゼロデイ攻撃で個人情報が流出した可能性
日テレ、個人情報漏洩に関連する番組企画を公開