Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、セキュリティ対策ソフト「50年分」をプレゼントするキャンペーン

マカフィーは、同社のコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「マカフィーインターネットセキュリティ 2010」50年分を抽選でプレゼントするキャンペーンを開始した。

同キャンペーンは、「マカフィーインターネットセキュリティ2010」1年3ユーザー版の50パッケージを抽選で10人にプレゼントするもの。3ユーザー版のため、最高150台で1年間分のライセンスとして利用することもできる。応募はハカギで受け付け、締め切りは8月23日。

同社では、「ハッカー文化」が1961年9月にはじまり、今年で生誕50年を迎えることを記念して今回のキャンペーンを企画。元来「ハッカー」は、すぐれた技術者を指す言葉で、深い知識や技術などによりセキュリティの発展にも寄与したとして、敬意を表したという。

(Security NEXT - 2010/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向けESET製品でモニターキャンペーン
安全以前に「安さ」へ目が行くホリデーシーズン
WAONサイトに「パスワードリスト攻撃」 - 40人でポイント被害
6億円当選かたり、個人情報詐取するフィッシング - プレゼント付預金の人気に便乗か
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「日本郵便」偽装サイトへのアクセス、1週間で2500件以上 - 豪郵便公社も被害
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
スマホゲームのプレゼント企画でメール誤送信
熊本県のメルマガサイトに不正アクセス - 改ざんや個人情報漏洩が発生