Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、アイコン表示のみでコード実行される深刻な脆弱性へ定例外パッチで対応

マイクロソフトは、7月にアドバイザリを公表していた「Windowsシェル」の脆弱性に対応する定例外のセキュリティ更新プログラムを公開した。

今回提供が開始された「MS10-046」は、深刻度「緊急」の脆弱性を解消するプログラム。ショートカットアイコンの解析に問題があり、「Windows」上で細工が施されたアイコンを表示するとリモートでコードが実行されるおそれがある。すでに脆弱性に対する攻撃が確認されており、悪用可能性指標について、同社では「安定した悪用コードの可能性」に設定している。

「Windows XP SP3」以降のWindowsに影響があり、「Windows 7」や「Windows Server 2008 R2」も含まれる。同社ではベータ版を提供している「Windows 7 SP1」や「Windows Server 2008 R2 SP1」についてもアップデータを公開している。

(Security NEXT - 2010/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ショートカットファイルの表示だけでコード実行される脆弱性 - 旧OS含め更新など対策を
MS、月例パッチでゼロデイ脆弱性2件を解消
3月のMS月例パッチで修正された「Stuxnet」の忘れ形見に悪用コード - 専門家「容易に攻撃可能」
ショートカット脆弱性への攻撃が継続中 - USB経由で拡散、国内流通は少数
「Windows 2000」利用者に早くも大きな試練 - パッチなき「Windowsシェルの脆弱性」
ゼロデイ攻撃発生したWindows脆弱性に回避策 - アイコン白紙になるも攻撃から防御
ショートカット悪用される「Windowsシェル」の脆弱性、8月3日に緊急パッチ
ショートカットのゼロデイ脆弱性狙うワーム - 監視制御システムのDBを攻撃
「ショートカット」に脆弱性、「表示するだけ」でコード実行のおそれ