Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、2009年の脆弱性攻撃に関する報告書などを公開

情報処理推進機構(IPA)は、2010年に発生した標的型攻撃や、2009年の脆弱性攻撃に関する最終報告書など調査資料2件を公表した。

「脆弱性を狙った脅威の分析と対策について Vol.4」では、同機構が設置する「不審メール110番」へ2010年3月に寄せられた標的型攻撃を解析した。フリーメールから送信され、流暢な日本語や中国語OSで作成されているなど同機構の前回調査「同Vol.3」で分析した攻撃と共通点が見られたという。

一方で2006年5月に発見された「Word」の脆弱性が悪用されるなど、ゼロデイ攻撃だった「同Vol.3」と対象的な面も明らかになっている。同機構では、アップデートが行っていないユーザーが一定規模で存在しており、未解決の脆弱性だけでなく、古い脆弱性も引き続き悪用されていると指摘している。

また「2009年度脆弱性を利用した新たなる脅威の分析による調査 最終報告書」では、「脆弱性を利用した攻撃」に着目。攻撃経路といった攻撃の動向や、利用されたマルウェアの挙動、悪用された脆弱性について細かく分析しており、「同Vol.3」「Vol.4」で扱った攻撃に関連したマルウェアも含め、攻撃手法についてまとめた。検知や対策方法についても収録した。

(Security NEXT - 2010/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
Cisco ASAに脆弱性、悪用も確認 - 早急に更新を