Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス配布サイトが急増、前月の3倍強に - セキュアブレインレポート

セキュアブレインは、同社のセキュリティサービスが6月に検知した不正サイトの状況を取りまとめた。ウイルス配布サイトやワンクリック詐欺サイトが過去最高値を更新し、「危険」なサイト全体の件数も記録を更新している。

100730sb.jpg
6月は不正プログラムの配布サイトが急増した(図:セキュアブレイン)

レポートによれば、6月に「危険」と判定されたサイトは5578件で、過去最高件数だった5月の5088件をさらに上回り、記録を更新した。不正プログラムの配布サイトは5月から371.3ポイントの大幅増となり672件。ワンクリック詐欺サイトも92件増加して1197件となり、いずれも過去最多だった。

改ざんサイトの件数は1130件で、5月の1160件から減少はしているものの、依然として高い水準を保っている。被害サイトの65%が企業サイトで、「ドライブバイダウンロード型」の攻撃が原因の改ざんは71.9%と、いずれも5月より上昇している。

改ざんされたサイトには、難読化されたスクリプトが埋め込まれるケースが多いが、6月にはあえて難読化されていないスクリプトが利用される事例も確認されている。そういったスクリプトの一部には、OSや機種の名称など一般的な固有名詞が使われる傾向があったという。

(Security NEXT - 2010/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
仮想通貨発掘スクリプトを多数検出 - 難読化や偽装による検出逃れも
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増
4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社