Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンシューマー向けセキュリティソフトの2011年版を発売 - Panda Security

PS Japanは、スペインPanda Securityのコンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの最新版4製品をリリースした。

同製品は、ウイルス対策、ファイアウォール、USBデバイス保護、個人情報保護、バックアップ、PCチューンナップなどの機能を搭載したコンシューマー向けセキュリティソフト。ウイルス対策では、同社製品のユーザーが保有するマルウェア情報を集約したクラウド型データベース「Collective Intelligence」を採用。未知の脅威に対応する。

このほか新機能として、リモートアクセス機能やファイル暗号化機能のほか、Linux上で動作するセキュアなバーチャルブラウザ、キーロガーによるパスワード盗難を防ぐバーチャルキーボード、ファイルやプログラムの完全消去機能などを搭載。またPCへの負荷を軽減し、Windows 7環境におけるパフォーマンスの50%削減を実現した。

1台用の価格は、ウイルス対策に特化した「Panda Antivirus Pro 2011」が4095円/年、全機能を搭載した「Panda Global Protection 2011」が7195円。

最適化やファイル暗号化などを省いた「Panda Internet Security 2011」が6095円、さらにリモートPCアクセス機能およびオンラインバックアップ機能を省いた「Panda Internet Security for Netbooks」が5095円となっている。

(Security NEXT - 2010/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化