Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の入院カルテが流出、新聞社などに郵送され判明 - 愛媛大付属病院

愛媛大学医学部付属病院において入院患者15人分のカルテを紛失していたことがわかった。

同院へ勤務していた医師が入院患者122人分のカルテを不正に持ち出して保有。15人分を紛失したもの。松山市内の保健所や新聞社にそのうち4人分が郵送され、問題が発覚した。

同院では、警察に相談しており、全患者のカルテについて所在の確認を行っている。

(Security NEXT - 2010/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者情報含むデジタルカメラが所在不明 - 兵庫県立がんセンター
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得
患者情報が路上に飛散、廃棄処理委託先で - 鹿大病院
患者の個人情報含むファイルを誤送信 - 富山大病院
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
患者情報含む書類を帰宅途中に紛失 - 名古屋大病院
従業員による患者情報の無断取得、通報あるも対応に問題 - バイエル薬品
調査に協力した患者のカルテを従業員が不正に閲覧 - バイエル薬品