Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正接続を防止するIPアドレス管理アプライアンスを発売 - キヤノンITS

キヤノンITソリューションズは、IPアドレスの統合管理や不正接続の遮断が行えるアプライアンス「SmartIP1000」を発売した。価格は、52万2900円。

同製品は、Viascopeの「IPScan」を搭載したネットワーク管理アプライアンス。監視範囲とポリシーを設定するだけでIPネットワーク上の機器をリアルタイムに検出。IPアドレス、MACアドレス、NETBIOS名を表示できる。

IPアドレスやMACアドレスにより接続が許可されていない機器を遮断することができ、接続可能期間の設定にも対応。重要機器のIPアドレスを確保するIPアドレス保護機能や、DHCPサーバの機能も搭載している。

(Security NEXT - 2010/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に