Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正接続を防止するIPアドレス管理アプライアンスを発売 - キヤノンITS

キヤノンITソリューションズは、IPアドレスの統合管理や不正接続の遮断が行えるアプライアンス「SmartIP1000」を発売した。価格は、52万2900円。

同製品は、Viascopeの「IPScan」を搭載したネットワーク管理アプライアンス。監視範囲とポリシーを設定するだけでIPネットワーク上の機器をリアルタイムに検出。IPアドレス、MACアドレス、NETBIOS名を表示できる。

IPアドレスやMACアドレスにより接続が許可されていない機器を遮断することができ、接続可能期間の設定にも対応。重要機器のIPアドレスを確保するIPアドレス保護機能や、DHCPサーバの機能も搭載している。

(Security NEXT - 2010/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
BoxへのVPN接続サービスに国内限定オプション - NTTコム
次期バージョン「OpenSSL 3.0.0」の設計概要が公開
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア