Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正接続を防止するIPアドレス管理アプライアンスを発売 - キヤノンITS

キヤノンITソリューションズは、IPアドレスの統合管理や不正接続の遮断が行えるアプライアンス「SmartIP1000」を発売した。価格は、52万2900円。

同製品は、Viascopeの「IPScan」を搭載したネットワーク管理アプライアンス。監視範囲とポリシーを設定するだけでIPネットワーク上の機器をリアルタイムに検出。IPアドレス、MACアドレス、NETBIOS名を表示できる。

IPアドレスやMACアドレスにより接続が許可されていない機器を遮断することができ、接続可能期間の設定にも対応。重要機器のIPアドレスを確保するIPアドレス保護機能や、DHCPサーバの機能も搭載している。

(Security NEXT - 2010/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品