Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オフィス向けクラウド製品の最新版 - PS Japan

PS Japanは、企業のエンドポイント向けセキュリティソリューション「Panda Cloud Office Protection」の最新版を提供開始した。

同製品は、ファイアウォール機能やクラウドベースのウイルス対策機能を搭載し、ウェブ上から一元管理することができるセキュリティ対策製品。

最新版となる「同バージョン5.04.50」では、あらたなヒューリスティック技術を搭載。オフライン時のブロック機能を強化した。その日に活動が活発なマルウェアに限定した低容量のシグネチャを自動配布できる。

「Windows Live Mail」に保存されたメールに対するスキャン機能を強化。また「Office 2010」との互換性も向上したという。

価格は、5ライセンスから導入可能で1エンドポイントあたり3000円以内。既存顧客は新バージョンへ無料でアップデートできる。

(Security NEXT - 2010/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション