Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュア・ジャパン2009の実施状況、8割強が予定通り

「情報セキュリティ政策会議」の第24回会合で、「第2次情報セキュリティ基本計画」における年次計画「セキュア・ジャパン2009」の実施状況について評価を取りまとめた。

2009年度の計画に盛り込まれた212施策について実施状況を評価を評価したもので、83%にあたる176施策が予定通りに推進したという。

11.8%にあたる25施策についても数カ月以内に完了するとの見通しを示しており、残り11施策についても今後の取組みにより、見通しが立っているという。

(Security NEXT - 2010/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
委託先セキュリティ検査を支援するパッケージ - NRIセキュア
クラウドセキュリティに活用できるOSSを紹介した資料 - CSAジャパン
2019年度に実施すべきサイバーセキュリティ施策は - 政府が意見募集
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
MS、EOL迎える53万台超の「WS 2008」を1年半後には「ゼロ」目指す - Azure再ホストなら3年間パッチ無料