Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュア・ジャパン2009の実施状況、8割強が予定通り

「情報セキュリティ政策会議」の第24回会合で、「第2次情報セキュリティ基本計画」における年次計画「セキュア・ジャパン2009」の実施状況について評価を取りまとめた。

2009年度の計画に盛り込まれた212施策について実施状況を評価を評価したもので、83%にあたる176施策が予定通りに推進したという。

11.8%にあたる25施策についても数カ月以内に完了するとの見通しを示しており、残り11施策についても今後の取組みにより、見通しが立っているという。

(Security NEXT - 2010/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
MS、EOL迎える53万台超の「WS 2008」を1年半後には「ゼロ」目指す - Azure再ホストなら3年間パッチ無料
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
「CISOハンドブック」が公開 - 経営視点に立った業務執行ノウハウを収録
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
EUに拠点や顧客を持つ半数超の企業がGDPRに無頓着 -「気にせず移転」も15%