Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三和シヤッター、スタンドアロンでも利用できる指静脈認証搭載ドアを発売

三和シヤッター工業は、指静脈認証装置を備えたスチール製のドア「ヴィーナスロック」を8月2日より発売する。

同製品は、ドアの枠に認証装置を組み込んだ一体型のドア。不正に解錠やドアを一定時間以上開いたままにするとブザーで警告する。

パソコンやサーバなど不要で、室内の認証コントローラで99人まで登録でき、スタンドアロンで設置することが可能。専用ソフトの入ったパソコンを認証コントローラにより100万件まで登録可能でネットワーク化にも対応している。

価格は66万円で、別途工事費などが必要。同社では小規模オフィスや医療、福祉施設などの入室管理などの需要へ対応していくという。

(Security NEXT - 2010/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート