Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

韓国のネット脅威はDDoSと脆弱性攻撃が中心 - 犯罪者間抗争や攻撃請負なども

アンラボは、韓国における上半期の脅威動向について取りまとめた。従来より引き続き経済犯が中心である一方、ハッキング能力を誇示するためにライバルへの攻撃や攻撃請負、政治や文化的な目的などへ変化しているという。

同社によればDDoS攻撃が35.4%でトップ。「ウェブサイト脆弱性攻撃」が34.8%と僅差で続いた。「DDoS攻撃」について攻撃技法が進化しており、無作為の不特定対象攻撃は減少する一方、アダルトチャットサイトのほか、中小企業や金融機関、ゲーム、公共機関など特定の相手に対する攻撃が拡大しているという。

悪性コード検知や遮断した件数は約6570万件で、2009年下半期から144万件増加した。トロイの木馬が43.3%と突出しており、11.7%のワームと10.4%のスパイウェアが続いている。一方2万227件のサイトで不正コードが見つかっている。

正常なプロセスのメモリ領域で動作したり、ハードディスクの未割り当てパーティションなどで動作するなど、検知や駆除を困難にする技術を利用したマルウェアが発生。また「Windows Mobile」へ感染し、国際電話を発信するダイアラー「TredDial」が確認されている。

(Security NEXT - 2010/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に