Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア配布サイトが大幅増加、ブロックされたドメインの9割が正規サイト

メッセージラボジャパンは、7月に観測しているウイルスおよびスパムの状況について取りまとめた。マルウェア配布サイトの急増など、ウェブ上の脅威リスクが高まっている。

レポートによれば、マルウェアなど悪意あるコンテンツをホストしているサイトは1日平均4425件検知され、6月から176.9ポイントの大幅増となった。一方、ウイルス感染メールは、306.1通に1通の割合で検出され、前月比0.4ポイント後退している。

ウェブ上の脅威によるリスクは高まっており、同社のセキュリティサービスがブロックした1クライアントあたりの脅威件数は、2009年度の平均と比較して20ポイント増加している。また、2010年にブロックされたドメインの約9割が、改ざんされた正規サイトという結果も出ている。

スパムメールが全流通メールに占める割合は89.9%で、6月から0.4ポイント下落した。フィッシングメールの割合は557.5通に1通で、前月比0.02ポイントとわずかながら増加している。

(Security NEXT - 2010/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
「注文を配送できません」とだますスパムが多数流通 - 「Amazon」「Apple」などのなりすましも
5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年は新種ランサムが88%増 - ただし2016年4Qは7割減
3月にウェブ経由の攻撃が増加、前月の1.5倍に - 「Necurs」復活でスパム増加の兆し