Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア配布サイトが大幅増加、ブロックされたドメインの9割が正規サイト

メッセージラボジャパンは、7月に観測しているウイルスおよびスパムの状況について取りまとめた。マルウェア配布サイトの急増など、ウェブ上の脅威リスクが高まっている。

レポートによれば、マルウェアなど悪意あるコンテンツをホストしているサイトは1日平均4425件検知され、6月から176.9ポイントの大幅増となった。一方、ウイルス感染メールは、306.1通に1通の割合で検出され、前月比0.4ポイント後退している。

ウェブ上の脅威によるリスクは高まっており、同社のセキュリティサービスがブロックした1クライアントあたりの脅威件数は、2009年度の平均と比較して20ポイント増加している。また、2010年にブロックされたドメインの約9割が、改ざんされた正規サイトという結果も出ている。

スパムメールが全流通メールに占める割合は89.9%で、6月から0.4ポイント下落した。フィッシングメールの割合は557.5通に1通で、前月比0.02ポイントとわずかながら増加している。

(Security NEXT - 2010/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る