Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会、フィッシング情報をG Dataへ提供

フィッシング対策協議会とJPCERTコーディネーションセンターは、G Data Softwareに対するフィッシング詐欺サイトに関する情報の提供を開始した。

フィッシング対策協議会では、2月より収集したフィッシング詐欺サイトのURL情報について無償提供を開始しており、セキュリティ対策ベンダーやフィルタリング事業者、大手プロバイダなどが採用している。

G Data Softwareでは、4月に契約を締結。情報提供受けた情報を7月より発売するコンシューマー向け製品へ反映させていく。

(Security NEXT - 2010/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大