Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパム送信ワーストは米国、欧州も増加懸念 - ソフォスレポート

ソフォスは、2010年第2四半期のスパムの状況を取りまとめ、送信国ワースト12を発表した。

同社のレポートによれば、スパム送信国のワースト1位は米国で、全体に占める割合は15.2%と、前回調査の13.1%から増加した。また、英国4位、フランス6位、ドイツ7位と、欧州におけるスパム送信の増加が見られる。

これにより、地域別ランキングでは欧州が35%を占め、前回1位だったアジアを抜いてトップになった。また日本は30位で、全体に占める割合は0.77%となっている。

特に欧州では、マルウェアに感染してゾンビ化したコンピュータから配信されるスパムが増加しており、最終的には個人情報や口座情報を盗むことを目的としたものも多いという。

(Security NEXT - 2010/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT