Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ヘルプとサポートセンター」のゼロデイ攻撃は1万件 - 国内で攻撃発生するも海外が中心

マイクロソフトは、Windowsの「ヘルプとサポートセンター」機能に見つかった脆弱性に対する攻撃について、約1万件を確認していることを明らかにした。

「Windows XP」や「Windows Server 2003」において、同機能のURLの検証機能に脆弱性が含まれており、不正なウェブページを閲覧した場合に、コードが実行されるおそれがある。

同社では6月11日にアドバイザリを公表。7月14日にセキュリティ更新プログラムで対応した。ゼロデイ攻撃も確認されており、国内ではJPCERTコーディネーションセンターをはじめ、専門家などが注意喚起を実施している。

同社セキュリティレスポンスチームチーフセキュリティアドバイザーの高橋正和氏によれば、6月30日ごろまで攻撃の中心はポルトガルやロシアで確認されており、いったんは落ち着きを見せたが、以降はイギリスや米国で発生。パンデミックは発生していないものの、収束に向かう様子は確認されていない。日本では攻撃が確認されているが、件数は少ないとしている。

(Security NEXT - 2010/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - ルート権限取得のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
「PowerDNS Authoritative Server」にRCEの脆弱性 - アップデートがリリース
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響