Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本日最終日「Windows XP SP2」「同2000」のサポートが終了へ

マイクロソフトのOS「Windows 2000」と「Windows XP Service Pack2」が、ついにサポート期限を迎えた。

米国時間13日、国内時間14日がサポート最終日となり、サポート終了後については、セキュリティ更新プログラムの提供など脆弱性への対応が停止する。また脆弱性の対応そのものがないため、アドバイザリといった脆弱性情報なども提供されなくなる。

マイクロソフトでは。サポート終了にあたり最新OSである「Windows 7」など、サポート期間中のOSへアップデートを呼びかけている。また「Windows XP」については、最新のサービスパック「Windows XP SP3」へアップデートすることにより、2014年までサポートを受けることができる。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2010/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設