Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年上半期のマルウェアは1000万件 - 月1万件以上亜種が登場するケースも

2010年上半期に収集したマルウェアのサンプルが約1000万件を越えたことをマカフィーは明らかにした。1種類のマルウェアに対する亜種だけで、ひと月あたり1万件を越えるケースもあったという。

マルウェアのハッシュ値別に集計したもの。同社研究期間に寄せられたサンプルは1日あたり約5万4800件で、データベース全体のサイズは約12Tバイトにのぼるという。

2009年からの推移を見ると2009年同期の840万件から160万件の増加した。2007年と比較すると当時収集したサンプル数は年間580万件で、数年のあいだに加速度的に増加していることがわかる。

同社によれば、金銭目的のため、繰り返し亜種を作成する傾向にあり、「Koobface」の亜種は、1カ月のあいだに1万以上が発生したという。

マルウェアの累計は、6月30日の時点で4333万7677件。同社の試算では、年末までに5400万件へ達するとの見込み。

(Security NEXT - 2010/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減