Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MTAやメールセキュリティ、コンサルティングをワンストップで提供 - センドメール

センドメールは、MTAやセキュリティ対策などをパッケージ化した「クラウドメール・インフラストラクチャ」を、提供開始した。価格はオープン。

メール配送機能やトラフィック制御、メール向けLDAPサーバをはじめ、ウイルスやスパム対策機能を備える仮想アプライアンス「Sentrion MPV」、各種コンサルティングサービスをワンストップで提供するもの。

送信ドメイン認証、25番ポートブロックといった迷惑メール対策向けの設定ファイルやテンプレートを提供するほか、コンサルティングサービスでは、通信事業者向け迷惑メール対策ガイドラインへの対応やクラウド環境への移行などに対応する。

(Security NEXT - 2010/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険