Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード不正利用の監視業務中に情報取得して商品購入 - ベルシステム24契約社員が逮捕

委託元であるクレジットカード会社で、カード不正利用の監視業務を担当したコールセンター大手ベルシステム24の契約社員が、業務中にカード情報を取得し、商品を不正に購入した容疑で逮捕された。

同従業員は派遣先である三菱UFJニコスにおけるクレジットカード不正利用の監視業務を担当しており、端末から不正にカード情報を入手と見られている。5月上旬に不正利用の疑いが発覚。三菱UFJニコスが調査を行った結果、不正利用が判明した。

同社員は、2008年1月から委託先でカード情報の不正利用について監視を行っていた。警察の調べによると、不正に商品約100点を入手し、被害額は約860万円にのぼるという。

被害が確認された会員に対しては、カード会社が被害の補償やカードの変更などの対応を行う。また同社では、再発防止策を実施するとともに、当事者および監督責任者に対する処分を実施するとしている。

(Security NEXT - 2010/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
高技専2校で生徒指導要録の紛失が判明 - 大阪府
マニュアル作成サービスへの不正アクセスを否定 - 操作ミスが原因
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町