Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「伝説のホテル」オンラインショップでSSL通信に不具合

ザ・レジェンド・ホテルズ&トラストは、運営するオンラインショップにおいて、SSL通信に不具合が発生していたと発表した。

「伝説のホテル」オンラインショップの商品購入ページで、6月9日15時から同月30日20時40分の間、購入者の個人情報がサーバに送られる際、SSLが利用できない状況になっていたことを公表したもの。

期間中に個人情報を送信した顧客は310人で、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、性別、職業などが含まれ、このうちクレジットカード決済を選択した182人については、カード番号や有効期限なども送信されていた。現時点では、個人情報漏洩を推測させる報告は確認されていないという。

(Security NEXT - 2010/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

予約顧客宛の自動送信メールが他顧客に誤送信 - チョイスホテルズジャパン
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
一部メルマガに顧客情報を誤記載 - サンルートホテル
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大
委託先予約システムに不正アクセス、顧客情報12万件が流出 - プリンスホテル