Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Appleの更新で優先順位を設定、帯域圧迫を抑える製品 - ブルーコート

ブルーコートシステムズは、Appleのソフトウェア更新が実施される際にネットワークの帯域をコントロールできる「Blue Coat PacketShaper」向けのプラグインを発表した。既存ユーザーは無償で利用できる。

Appleのソフトウェア更新では、アップデートが大容量で組織ネットワークの帯域を圧迫するケースがあるが、同プラグインでは、「Blue Coat PacketShaper」においてAppleソフトウェアの更新を分類し、コントロールすることが可能。

同プラグインを利用することにより、ダウンロードする項目ごとに優先順位や実行日時を設定して帯域の負担を軽減。インターネットゲートウェイなどへキャッシュし、ダウンロード回数を減らす機能を搭載している。

(Security NEXT - 2010/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
脆弱性検査ツール「Metasploit Express」、2019年6月にサポートが終了
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード