Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Appleの更新で優先順位を設定、帯域圧迫を抑える製品 - ブルーコート

ブルーコートシステムズは、Appleのソフトウェア更新が実施される際にネットワークの帯域をコントロールできる「Blue Coat PacketShaper」向けのプラグインを発表した。既存ユーザーは無償で利用できる。

Appleのソフトウェア更新では、アップデートが大容量で組織ネットワークの帯域を圧迫するケースがあるが、同プラグインでは、「Blue Coat PacketShaper」においてAppleソフトウェアの更新を分類し、コントロールすることが可能。

同プラグインを利用することにより、ダウンロードする項目ごとに優先順位や実行日時を設定して帯域の負担を軽減。インターネットゲートウェイなどへキャッシュし、ダウンロード回数を減らす機能を搭載している。

(Security NEXT - 2010/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
丸紅情シス、GEデジタルの制御システム向けセキュリティサービスを国内展開
カスペ、Linux向けセキュリティ対策製品に新版 - ブート領域やメモリ上のマルウェア検知が可能に
ランサムウェア「EncrypTile」の復号化ツールが公開
「FFRI yarai」に新版 - ファイルレスマルウェア対策を強化
カスペ、脆弱性とパッチのマネジメントソリューション
マクニカと凸版、IoT機器へのセキュアICチップ組込で協業