Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebookで広がる詐欺、2週間で26万人を集める - サポート先はパナマで音沙汰なし

人気ソーシャルネットワークサービス「Facebook」を利用し、新手の詐欺が広がっている。6月下旬から多数のメンバーを集めて拡大しており、利用条件を読まず、気軽に登録すると多額の請求を受ける可能性がある。

投資による副収入で「一攫千金」が得られ、仕事をリタイアできるなどと誘導する詐欺を、米McAfeeの研究機関が確認したもの。「Drop The Internet Stacks of Money And Quit Your Job」というグループで活動しており、約2週間で26万8000人のメンバーを獲得していた。

最初に支払う金額は2.97ドルと少額だが、実際は5日間の試行期間後に93.67ドル、さらに以降毎月同額が請求されることが利用条件に記載されていた。また問い合わせ先はパナマ共和国などで、キャンセルが困難な状況だったという。

(Security NEXT - 2010/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる
SNS経由で個人情報求める偽「国境なき医師団」に注意
SMSで訴訟ちらつかせる偽アマゾン - プリカ番号やコンビニ払いを要求
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も