Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Gumblar」関連の不正プログラムがトップ10内に6種 - トレンド上半期まとめ

トレンドマイクロは、2010年1月1日から6月30日まで、国内の同社サポートセンターに寄せられたウイルスの感染被害報告について取りまとめた。

レポートよると、2010年上半期の感染被害報告数ランキングの1位は、オートラン機能を悪用しリムーバブルメディア経由で感染を広げる「MAL_OTORUN」。上位10種の全報告数に占める割合は24.4%で、昨年同期の43.5%から大きく後退したものの、2年連続のトップとなった。

2位はWindowsの脆弱性を悪用する「WORM_DOWNAD」だった。リムーバブルメディアやファイル共有ネットワークを介した感染、パスワード攻撃など複数の機能を搭載した亜種が多数出現したため、感染コンピュータを修復しても再感染するケースが多く見られた。

7月13日にサポートが終了する「Windows 2000」などは、脆弱性が発見されても修正プログラムが提供されず、攻撃対象となる可能性があるため注意が必要となっている。

(Security NEXT - 2010/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減