Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

豪PC Toolsがコンシューマー向けセキュリティ市場へ参入

豪PC Tools Technologyが、コンシューマー向けセキュリティ対策製品の国内市場へ参入した。

PC Toolsは、「Internet Security」「Spyware Doctor」などセキュリティ対策製品やユーティリティ製品をリリースしているセキュリティベンダー。シドニーを拠点とし、サンフランシスコ、アイルランドのシャノン、ウクライナのキエフなどにオフィスを設置。日本語を含む多言語に対応しており、180カ国以上で利用されている。

すでにBBソフトサービスでは、ソフトバンクブランド「SoftBank SELECTION」へ同社製品「PC Tools Internet Security」の採用を発表しており、7月2日より発売が開始している。

(Security NEXT - 2010/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
「秘文シリーズ」に新版 - ランサムウェア対策などを追加
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供
サイバネット、米Carbon Blackのエンドポイント製品を取扱開始
セキュアブレイン、脅威情報を月1回提供するサービス - オプションも