Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

豪PC Toolsがコンシューマー向けセキュリティ市場へ参入

豪PC Tools Technologyが、コンシューマー向けセキュリティ対策製品の国内市場へ参入した。

PC Toolsは、「Internet Security」「Spyware Doctor」などセキュリティ対策製品やユーティリティ製品をリリースしているセキュリティベンダー。シドニーを拠点とし、サンフランシスコ、アイルランドのシャノン、ウクライナのキエフなどにオフィスを設置。日本語を含む多言語に対応しており、180カ国以上で利用されている。

すでにBBソフトサービスでは、ソフトバンクブランド「SoftBank SELECTION」へ同社製品「PC Tools Internet Security」の採用を発表しており、7月2日より発売が開始している。

(Security NEXT - 2010/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ