Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

豪PC Toolsがコンシューマー向けセキュリティ市場へ参入

豪PC Tools Technologyが、コンシューマー向けセキュリティ対策製品の国内市場へ参入した。

PC Toolsは、「Internet Security」「Spyware Doctor」などセキュリティ対策製品やユーティリティ製品をリリースしているセキュリティベンダー。シドニーを拠点とし、サンフランシスコ、アイルランドのシャノン、ウクライナのキエフなどにオフィスを設置。日本語を含む多言語に対応しており、180カ国以上で利用されている。

すでにBBソフトサービスでは、ソフトバンクブランド「SoftBank SELECTION」へ同社製品「PC Tools Internet Security」の採用を発表しており、7月2日より発売が開始している。

(Security NEXT - 2010/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
「FFRI yarai」に新版 - マルチテナント対応の管理コンソールを追加
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品を拡充 - 3製品を投入
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム