Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

豪PC Toolsがコンシューマー向けセキュリティ市場へ参入

豪PC Tools Technologyが、コンシューマー向けセキュリティ対策製品の国内市場へ参入した。

PC Toolsは、「Internet Security」「Spyware Doctor」などセキュリティ対策製品やユーティリティ製品をリリースしているセキュリティベンダー。シドニーを拠点とし、サンフランシスコ、アイルランドのシャノン、ウクライナのキエフなどにオフィスを設置。日本語を含む多言語に対応しており、180カ国以上で利用されている。

すでにBBソフトサービスでは、ソフトバンクブランド「SoftBank SELECTION」へ同社製品「PC Tools Internet Security」の採用を発表しており、7月2日より発売が開始している。

(Security NEXT - 2010/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化