Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、サポート終了OSの危険訴える - 利用せざる得ない場合は隔離を

情報処理推進機構(IPA)は、7月13日にマイクロソフトが提供する一部OSがサポート期限を迎えることから、システム管理者に対してOSのアップデートを実施するようアナウンスするとともに、サポート終了OSの危険性を正しく認識してほしいと注意を呼びかけている。

サポートが終了予定となっているのは、「Windows 2000 Professional」や「Windows 2000 Server」「Windows XP SP 2」。今月米国時間13日を最後に、脆弱性を解消するセキュリティ更新プログラムの提供が中止となる。

「Windows XP SP2」では、サービスパック「同SP 3」の適用によりサポート期間が延長できるが、「Windows 2000」についてはOSそのものを変更する必要がある。

同機構によれば、大量ではないもののサポートが終了したOS利用者から、ウイルス感染や不正アクセスの被害相談が寄せられているという。またサポート終了後に利用する危険性を認識していないケースもあったと指摘する。

(Security NEXT - 2010/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず
「Windows 8」以降で本来の脆弱性保護が発揮できないケースが判明 - 「EMET」などが裏目に
「Adobe Acrobat/Reader」の脆弱性62件を解消 - 10月にEOL迎えた「同XI」にも最終更新
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートは11月14日に公開予定
サポート終了直前「Office 2007」、9月末時点で8.6%が利用
「Office 2007」サポート終了まで3カ月 - 「Office for Mac 2011」もEOLへ
10月15日に「Adobe Acrobat/Reader XI」のサポートが終了 - 発売から5年
コレガ製無線LANルータ「CG-WLR300NM」に脆弱性 - サポート終了のため利用中止を