Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規サイト改ざんによる攻撃で誰もが危険 - 「Windowsヘルプセンター」のゼロデイ攻撃

情報処理推進機構(IPA)は、Windowsに含まれる「ヘルプとサポートセンター」の脆弱性について、一般的なインターネット利用者に影響が大きいゼロデイ攻撃が発生しているとして、注意喚起を行った。

脆弱性を攻撃する正規改ざんサイトを複数確認しており、先日のJPCERTコーディネーションセンターに続き同機構も警鐘を鳴らしたもの。

「Windows XP」「Windows Server 2003」における未解決の脆弱性を悪用することでリモートでコードを実行することが可能で、攻撃を受けた場合にパソコンが乗っ取られる可能性がある。

ウェブ経由の攻撃については、「Gumblar」攻撃に見られる正規サイトの改ざんによるもので、悪意を持つ不審サイトだけが危険とは限らないと同機構は指摘。対象OSを利用するインターネットユーザーであれば、だれもが影響を受ける可能性があるとして、マイクロソフトが提供する回避策「Fix it」の実行など対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ
CMSの「TYPO3」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Oracle WebLogic」に脆弱性、攻撃が発生中 - 早急に更新を
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
設定ミスにより危険な状態の「SAP」が多数存在 - 攻撃ツールが流通