Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2009年の個人情報漏洩は166件増の1539件 - 漏洩人数は2005年以降最低に

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、2009年に報道された情報漏洩事件を「2009年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書第1.0版」として取りまとめた。

新聞やインターネットのニュースで報じられた事件や事故について同協会が統計として報告書として取りまとめたもの。2009年に発生した情報漏洩事件は前年から166件増加して1539件だった。

一方漏洩人数については、100万件超のインシデントが1件発生したものの、10万人規模の大規模な漏洩が19件から12件へと減少したことを受け、152万人減となる572万1498件。

個人情報保護法が施行された2005年以降最低件数で、3000万人分が漏洩し、ピークを迎えた2007年の5分の1以下の水準となっている。1件あたりの平均漏洩人数は3924人だった。

(Security NEXT - 2010/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に