Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員が帰宅途中に個人情報を保存したHDを紛失 - 川村学園女子大

川村学園女子大学は、学生および卒業生の個人情報や成績情報など含むハードディスクを、教員が帰宅途中に紛失したと発表した。

同大人間文化学部の教員が6月17日、帰宅途中に駅ホームで鞄ごと紛失したもの。所在不明となっているハードディスクには、担当科目を履修した学生および卒業生29人の電話番号やメールアドレスのほか、2009年度の成績表89人分、2010年度の出席簿84人分などが記録されていた。

情報の不正利用や外部流出などは確認されていない。同大は関連する学生へ謝罪。今後の対応について学生に案内するなど対策を進めている。

(Security NEXT - 2010/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合
患者の個人情報含むHDDが所在不明に - 相模野病院
患者や研修医など個人情報5.7万件が所在不明 - 大崎市民病院
顧客から預かった個人情報入りHDDを紛失 - ネオジャパン
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り
私立保育園で園児の画像や動画含むカメラが所在不明 - 大阪
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院