Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマダ電機で販売された中古PCにウイルスが混入のおそれ

ヤマダ電機のグループ会社で中古パソコンの買い取りや販売事業を展開するインバースネットは、ヤマダ電機の各店舗で販売された中古パソコンの一部に、ウイルス感染のおそれがあると発表した。

同社の栃木リペアセンターにおいて、生産ラインで使用している検査用メモリースティック1本から外部メモリや共有ネットワーク経由で感染を広げるウイルス「WORM.DOWNAD.AD」が検出されたもの。

同社では、2010年2月12日から6月23日までヤマダ電機各店舗の中古パソコンコーナーで販売した製品へウイルスが混入している可能性があるとし、対象機種のメーカー名やシリアル番号などを公開。心当たりのあるユーザーへ確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ココンと産総研、高機密性データの利活用に向け共同研究
2019年1Q、フィッシングが17%増 - 3割がMS偽装
仏具店サイトが改ざん、フォームジャックでクレカ情報窃取 - 2014年末に発生か
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
和菓子店通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報詐取
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
Apple、「iOS 12.4」をリリース - 脆弱性36件を修正
「VLCメディアプレイヤー」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供