Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマダ電機で販売された中古PCにウイルスが混入のおそれ

ヤマダ電機のグループ会社で中古パソコンの買い取りや販売事業を展開するインバースネットは、ヤマダ電機の各店舗で販売された中古パソコンの一部に、ウイルス感染のおそれがあると発表した。

同社の栃木リペアセンターにおいて、生産ラインで使用している検査用メモリースティック1本から外部メモリや共有ネットワーク経由で感染を広げるウイルス「WORM.DOWNAD.AD」が検出されたもの。

同社では、2010年2月12日から6月23日までヤマダ電機各店舗の中古パソコンコーナーで販売した製品へウイルスが混入している可能性があるとし、対象機種のメーカー名やシリアル番号などを公開。心当たりのあるユーザーへ確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
中堅企業「情シス」、4割弱が1人以下 - 前年から7ポイント増
情報銀行向けプラットフォームで実証実験 - NTTデータ
5秒の自然会話で認証する技術を開発 - NEC
セキュリティ製品の警告画面と思いきや単なるウェブコンテンツ - 古典的な詐欺に注意を
NASのOS狙うマルウェアが発生か - QNAPが調査中
うさぎ用品の通販サイトが改ざん - 偽決済画面でカード情報詐取
動画視聴の案内メールを誤送信 - NSCAジャパン
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
「アカウントは閉鎖されます」 - 偽Amazonからのメールに注意