Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマダ電機で販売された中古PCにウイルスが混入のおそれ

ヤマダ電機のグループ会社で中古パソコンの買い取りや販売事業を展開するインバースネットは、ヤマダ電機の各店舗で販売された中古パソコンの一部に、ウイルス感染のおそれがあると発表した。

同社の栃木リペアセンターにおいて、生産ラインで使用している検査用メモリースティック1本から外部メモリや共有ネットワーク経由で感染を広げるウイルス「WORM.DOWNAD.AD」が検出されたもの。

同社では、2010年2月12日から6月23日までヤマダ電機各店舗の中古パソコンコーナーで販売した製品へウイルスが混入している可能性があるとし、対象機種のメーカー名やシリアル番号などを公開。心当たりのあるユーザーへ確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町