Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「UT-VPN」のソースコードを公開 - 「iPhone」「Android」などのVPN接続も予定

ソフトイーサは、VPNソフト「UT-VPN」のソースコードを「GPLバージョン2」のライセンス形態で公開した。

同ソフトは、サーバとクライアントソフトにより構成されており、ネットワーク経由でVPN接続が行えるソフトウェア。2010年6月7日にWindows版バイナリを配布開始した「UT-VPN」のソースコードを公開したもの。

「UT-VPN」は、同社と筑波大学との共同研究の成果で、同社製品版「PacketiX VPN 3.0」の一部機能を取り除き、あらたに学術実験用のコードをを追加した。ソースコードは21万行にわたり、「GPLバージョン2」のライセンスに従い、コンパイルや改変、販売など自由に行うことができる。

また同社では、Windows版の「UT-VPNソフトウェア」を6月7日より公開しており、今回のオープンソース公開にあわせてMacやUNIX向けにソースコードをパッケージファイルについても提供を開始する。

(Security NEXT - 2010/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
不正サイトのブラックリスト配信サービス - NTTコム
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
ウォッチガード、AWS向けに「Firebox Cloud」を提供
「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充
トレンド、無料Wi-Fiの盗聴リスクを低減するアプリ - 時間や通信量制限なし
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
DNP、車載システム向けにセキュリティ対策ソリューション
ニフティ、PCだけでなくIoT全般を保護する家庭向けサービス
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討