Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「UT-VPN」のソースコードを公開 - 「iPhone」「Android」などのVPN接続も予定

ソフトイーサは、VPNソフト「UT-VPN」のソースコードを「GPLバージョン2」のライセンス形態で公開した。

同ソフトは、サーバとクライアントソフトにより構成されており、ネットワーク経由でVPN接続が行えるソフトウェア。2010年6月7日にWindows版バイナリを配布開始した「UT-VPN」のソースコードを公開したもの。

「UT-VPN」は、同社と筑波大学との共同研究の成果で、同社製品版「PacketiX VPN 3.0」の一部機能を取り除き、あらたに学術実験用のコードをを追加した。ソースコードは21万行にわたり、「GPLバージョン2」のライセンスに従い、コンパイルや改変、販売など自由に行うことができる。

また同社では、Windows版の「UT-VPNソフトウェア」を6月7日より公開しており、今回のオープンソース公開にあわせてMacやUNIX向けにソースコードをパッケージファイルについても提供を開始する。

(Security NEXT - 2010/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BoxへのVPN接続サービスに国内限定オプション - NTTコム
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
不正サイトのブラックリスト配信サービス - NTTコム
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
ウォッチガード、AWS向けに「Firebox Cloud」を提供