Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS定例パッチの適用をブロックする旧版セキュリティ対策ソフト

サポート期限を過ぎている一部セキュリティ対策ソフトの旧バージョンを利用している環境で、6月に公開されたマイクロソフトの定例セキュリティ更新プログラム適用時に、インストールがブロックされる不具合が発生している。

マイクロソフトによれば一部ユーザーから、「Windows Update」でインストール後、シャットダウン時のインストール画面で停止したり、起動後にセキュリティ対策ソフトが「悪質なスクリプトを検出した」といった警告を表示するなど不具合の報告が寄せられていたという。

一部セキュリティ対策ソフトの旧バージョンにおいて、「MS10-041」に含まれるモジュール「Msiexec.exe」を不正プログラムとして認識、ブロックしていたのが不具合の原因で、最新版のセキュリティ対策ソフトの利用環境では不具合の報告は今のところ確認されていない。

マカフィーでは2006年以前の製品、シマンテックでは2005年以前の製品で問題が確認されている。今回の問題についてマカフィーでは最新バージョンへのアップデートを推奨。シマンテックでは、モジュールのインストール時の認証を許可する方法をインターネット上で案内している。

(Security NEXT - 2010/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
予約顧客宛の自動送信メールが他顧客に誤送信 - チョイスホテルズジャパン
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
特典付きCDの通販サイトで不具合 - 第三者による顧客情報閲覧のおそれ
スレーブの「BIND 9」、特定環境下で不具合 - 信頼できないゾーンの取扱時に影響
みずほ証券でシステム障害、オンライン取引やATM入出金に影響
「投稿を表示する相手」の選択肢設定に一時不具合 - Facebook
LINEで他ユーザーのタイムラインが表示される不具合 - 外部CDNの設定ミスで
Twitter、ハッシュ化前パスワードをログ保存 - 漏洩痕跡ないが変更検討求める