Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生や受験生の個人情報含むHDを教授が紛失 - 群馬大

群馬大学大学院工学研究科の教授が、学生や受験生の個人情報や成績情報などを記録した外付けハードディスクを紛失したことがわかった。

紛失したハードディスクには、2001年から2009年度の学生の成績情報や就職情報のほか、受験生の氏名、住所、合否結果、やり取りしたメールなど、のべ4588人分の個人情報が含まれていた。

自宅など外部に持ち出したところ10日に紛失していることに気付いた。同大では対象となる学生などに説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2010/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
シンポジウム案内メールで誤送信 - 大阪市立大
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
教員免許更新講習の連絡メールで誤送信、メアド流出 - 山形大
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大
誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 順天堂大
教員が関係者情報含むPCをスペインで盗難被害 - 九大
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
職員採用説明会の案内メールを編集中に誤送信 - 北陸先端大