Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

労災関連の個人情報1311件含むハードディスクを署内で紛失 - 盛岡労基署

盛岡労働基準監督署において、労災保険の給付請求者の個人情報が記録された外付けハードディスク1台が所在不明になっていることがわかった。

所管する岩手労働局によれば、紛失したハードディスクには、2005年度から2010年6月にかけて同署で受け付けた労災保険の給付請求関係者1311人分の個人情報が記録されていた。氏名、住所、電話番号、職種、傷病名、保険給付内容、所属事業所名、災害発生状況などが含まれる。

6月8日に保管場所からハードディスクが紛失していることが判明し、その後署内を捜索したが発見できなかった。保管場所は施錠されておらず、ハードディスクにはパスワードなどのセキュリティ対策は講じられていなかったという。

情報流出や不正利用などは確認されていないが、同局では、引き続きハードディスクの捜索を行い、対象となる関係者への謝罪文書送付や個別訪問などの対応を進める。

(Security NEXT - 2010/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合
患者の個人情報含むHDDが所在不明に - 相模野病院
患者や研修医など個人情報5.7万件が所在不明 - 大崎市民病院
顧客から預かった個人情報入りHDDを紛失 - ネオジャパン
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り
私立保育園で園児の画像や動画含むカメラが所在不明 - 大阪
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院