Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AD連携やPDF対応などファイル管理ソリューションを機能強化 - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、ラベルを利用したファイル管理ソフト「SecureCube/Labeling」の機能を強化し、オプション「SecureCube/Labeling Personal for PDF」の提供を開始した。

同製品は、Microsoft Officeのアドオンとして動作し、ドキュメントファイルに対して、「極秘」「関係者限」など、重要度を示すラベル表示や、ファイルのプロパティへ重要度を示す内容を追記できるファイル管理ソリューション。同オプションにより、PDFファイルにも対応した。

「SecureCube/Labeling Personal」による識別情報を収集、情報資産管理台帳を作成できるサーバソフト「SecureCube/Labeling Enterprise」の機能強化を実施。「Active Directory」との連携を実現し、アカウント情報の統合管理に対応した。

さらにラベルが付与されていないファイルが存在したり、重要であることを示すラベルが付与されたファイルが外部で保存している際に管理者へ通知する機能を用意。また他製品との連携を実現するSDKについても提供していく。

(Security NEXT - 2010/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京システムハウス、Androidアプリ内のデータを暗号化して漏洩を防ぐAPIを提供
GMOグローバルサイン、「SSLマネージドサービス」をリニューアル - 事前入金が不要に
NRIセキュアと京セラミタ、機密度でファイルの印刷を制御するソリューション
資産管理とセキュリティ対策を統合したクラウド型サービス - NTTコム
重要ファイルのラベル付けや台帳作成が行える無償ソフト - NRIセキュア
データ圧縮機能やユーザープロファイル機能を追加したDB監査ツール最新版 - インサイトテクノロジー
重複ファイルによるストレージの浪費防ぐソリューション - NTTデータ・セキュリティ
サイトへのアクセス状況をカテゴリ別に把握できる「LogVillage2.0」向けオプション
Winnyによる情報漏洩を疑似体験できるフリーソフト
紛失PCの遠隔データ削除など「HP Total Care」に新サービス - 日本HP