Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報の不正提供問題で関連顧客に謝罪 - NTT西

NTT西日本の顧客情報が、同社子会社であるNTT西日本-兵庫を通じて代理店へ不正に提供されていた問題で、NTT西日本は関連する顧客の特定が完了したとして、準備ができ次第、書面で謝罪する方針であることを明らかにした。

問題となった事件は、NTT西が業務上入手した他社DSLユーザーの顧客情報35万3605件を、同社従業員より情報提供を受けた子会社のNTT西日本-兵庫が、2009年8月から10月にかけて不正に代理店へ提供していたもの。NTT西日本-北陸でも同様の問題が判明している。

総務省では2月4日、今回の件でNTT西日本に電気通信事業法違反による業務改善命令や個人情報保護法に違反するとして厳重注意を行っている。同社では再発防止を目指し、2月26日に同省へ提出した「業務改善計画」の実施など引き続き推進していくという。

(Security NEXT - 2010/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

衣装ケースに入った顧客リスト約6000件、店舗駐車場に放置 - NTT西
顧客リストが公園の立入禁止区域に放置 - NTT西
帳票を手で破り指定外ゴミ袋で廃棄、回収されず散乱 - NTT西日本委託先
NTT西、委託先が顧客情報入りPCを一時紛失 - 内部へのアクセスはなし
口座振替依頼書821件が所在不明、再委託先が配送中に紛失 - NTT西
契約社員が顧客情報を持ち帰り紛失、路上で発見され判明 - NTT西
車上荒らしによる顧客情報の盗難が発生 - NTT西
委託先従業員が顧客情報記載の書類を紛失 - NTT西
NTT西の会員サイト、あらたに1075件の不正ログイン - 追跡調査で判明
元契約社員のPCからファイル共有ソフト経由で顧客情報流出 - NTT西