Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MasterCard」装うフィッシング攻撃が複数URLで発生 - フィッシング対策協議会が注意喚起

フィッシング対策協議会は、大手クレジットカードブランド「MasterCard」を偽装するフィッシング攻撃が発生しているとして注意を呼びかけている。

同協議会によれば、問題のメールは「Important MasterCard Alert」「MasterCard Account Holder」といった件名で送信されており、サイトも依然稼働中で、すでに同協議会へ13件の報告が寄せられているという。

問題のメールでは、「オンラインシステムのアップデートにともない、あたらしいセキュリティ認証を導入した」などと本文で説明。対応するためにアカウントをアップデートする必要があるなどとして、ウェブサイトへ誘導する。

また誘導先のウェブサイトでは、「MasterCard」のロゴなどを無断で使用しているほか、アクセス先URLのディレクトリ部分にブランド名を配置。さらに暗号化されていないにもかかわらず、「ssl」といった文字列を挿入し、もっともらしく装うとしていた。

(Security NEXT - 2010/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ