Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

犯罪者やウイルスの標的となる「安易なパスワード」と「使い回し」

セキュリティ管理にパスワード認証はつきものだ。このごろはICカードを利用したり、生体認証、ワンタイムパスワードなど、パスワードに代わる認証形式が採用されるケースもあるが、アカウント情報とパスワードの組み合わせによるオーソドックスな認証形式は、ウェブアプリをはじめ広く利用されているのが現状だ。

ビジネス用途はもちろん、ウェブメールからゲーム、ショッピング、オンラインバンキングまで、パスワードを利用するシーンは多彩だ。時として重要な情報を守る最後の砦となるパスワードだが、パスワード管理の重要性に対する認識が甘く、被害を受け手しまうケースも少なくない。

フィンランドのセキュリティベンダーであるF-Secureが、英国やドイツ、スウェーデンで実施した調査によれば、インターネットユーザーの2割がパスワードを使い回しており、ゲームやオンラインバンキングなどで利用していた。

パスワードには「忘却」というリスクもあることから、同調査によればパスワードを付箋紙へ書き留めているユーザーが2割、失念により毎回パスワードを変更しているユーザーも約8%存在していた。同社のSean Sullivan氏は、こうしたパスワード管理の「ずさんさ」がサイバー攻撃の被害に遭う原因になっていると指摘している。

(Security NEXT - 2010/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
Apple、「macOS High Sierra」向けに緊急アップデート - root権限取得できる問題へ対応
「macOS High Sierra」に誰でも容易にroot権限取得できる問題 - 対策の実施を
Cisco UCMなどのアップグレード機能に深刻な脆弱性
銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども
公開鍵証明書不要の「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター