Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、政府機関へ最新ブラウザへの移行を指示 - コスト理由に「IE 6」利用の政府機関も

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、各省庁へ最新版ブラウザ「Internet Explorer 8」に移行するよう指示したことを明らかにした。

旧バージョンのIEに対する脆弱性を攻撃する動きがある一方、同センターによれば、互換性を確認するコストが発生することを理由に一部府省庁で「IE 6」を利用している実状があるという。

こうした状況を受け、同センターでは5月12日付で、最新版となる「IE 8」への移行や、新規システムの開発時に最新ブラウザに対応するよう指示。また複数ブラウザの利用についても検討を求めている。

(Security NEXT - 2010/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
NISC、Twitterのパスワード変更を府省庁へ注意喚起 - 所管業界への周知求める
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ
政府、重要インフラの安全基準に関する指針改訂でパブコメ実施
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化