Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、政府機関へ最新ブラウザへの移行を指示 - コスト理由に「IE 6」利用の政府機関も

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、各省庁へ最新版ブラウザ「Internet Explorer 8」に移行するよう指示したことを明らかにした。

旧バージョンのIEに対する脆弱性を攻撃する動きがある一方、同センターによれば、互換性を確認するコストが発生することを理由に一部府省庁で「IE 6」を利用している実状があるという。

こうした状況を受け、同センターでは5月12日付で、最新版となる「IE 8」への移行や、新規システムの開発時に最新ブラウザに対応するよう指示。また複数ブラウザの利用についても検討を求めている。

(Security NEXT - 2010/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
政府、「サイバーセキュリティ月間」関連行事の募集を開始
政府、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」 - ASEAN諸国と連携
2018年度のセキュリティ関連予算概算要求額は727.5億円
DNSの運用変更で総務省など注意喚起 - 9月19日までに対応を
「情報セキュリティハンドブック」、国内27の電子書店で無料配布
政府、サイバーセキュリティの研究開発戦略について意見募集
重要インフラセキュリティ対策の第4次行動計画が決定 - パブコメに意見20件
MS、1カ月ぶりの月例パッチを公開 - 公開済み脆弱性や複数ゼロデイ脆弱性に対処
「サイバーコロッセオ×SECCON」が3月5日開催 - 登録締切迫る