Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイルへ権限を設定、外部送信後も制御できるASPサービス

アイキュエスは、外部に送信したファイルの管理、廃棄を制御できるASPサービス「FinalCode」を6月21日より提供開始する。

同サービスは、外部へ送信したファイルをインターネット経由でアクセス制御できるセキュリティ対策ソリューション。送信側の端末にインストールされたクライアントソフトで認証するため、ファイルへパスワードを個別に設定する必要はなく、ドラッグアンドドロップ操作や送信先の指定により権限を設定できる。

ファイルの提供を受けたユーザーは、専用のソフトウェアをインストールして閲覧するしくみで、編集や保存、印刷、スクリーンショットの撮影などを制御。ファイルオープン時にインターネット経由で権限を確認するため、送信後に権限を変更したり廃棄することが可能で、操作ログを確認できる。

ASPサービスのためサーバの設置は不要。ただしインターネットへの接続環境がない場合は利用できないため注意が必要。利用者の一元管理にも対応しており、10ID利用時の月額料金は10万5000円。

(Security NEXT - 2010/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
ビルシステム向けセキュリティソリューション - NTTセキュリティら
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー