Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイルへ権限を設定、外部送信後も制御できるASPサービス

アイキュエスは、外部に送信したファイルの管理、廃棄を制御できるASPサービス「FinalCode」を6月21日より提供開始する。

同サービスは、外部へ送信したファイルをインターネット経由でアクセス制御できるセキュリティ対策ソリューション。送信側の端末にインストールされたクライアントソフトで認証するため、ファイルへパスワードを個別に設定する必要はなく、ドラッグアンドドロップ操作や送信先の指定により権限を設定できる。

ファイルの提供を受けたユーザーは、専用のソフトウェアをインストールして閲覧するしくみで、編集や保存、印刷、スクリーンショットの撮影などを制御。ファイルオープン時にインターネット経由で権限を確認するため、送信後に権限を変更したり廃棄することが可能で、操作ログを確認できる。

ASPサービスのためサーバの設置は不要。ただしインターネットへの接続環境がない場合は利用できないため注意が必要。利用者の一元管理にも対応しており、10ID利用時の月額料金は10万5000円。

(Security NEXT - 2010/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
工場やビル向けネットワーク監視ソリューションを展開 - NRIセキュアとSCADAfence
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
ソフォスら、サイバー攻撃の検知からブロックまで自動化するソリューション
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC