Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Samba 3.3.12」に危険度が高い脆弱性 - 早急なパッチ適用を

「Samba 3.3.12」および以前のバージョンに深刻な脆弱性があるとして、The Samba Teamは、脆弱性を解消するセキュリティパッチの提供を開始した。「Samba 3.4.0」以降のバージョンについては影響を受けないという。

同ソフトにおいて、SMB1パケットの取り扱いに不具合があり、メモリ破壊が発生するおそれが明らかになったもの。細工を施されたパケットを受信するとクラッシュし、不正なコードが実行されるおそれがある。

認証していない端末から発信されたパケットでも影響を受けるため、The Samba Teamでは今回の脆弱性について非常に危険な脆弱性であると指摘。早急にパッチを適用し、「Samba 3.3.13」へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース