Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、Mac OS Xの最新パッチ適用ユーザーへ注意喚起 - Flashのバージョン確認を

米Adobe Systemsは、米Appleが公開したMac OS X向けの最新アップデートを適用したユーザーへ、最新の「Adobe Flash Player」がインストールされてるか確認するよう呼びかけている。

Appleでは、現地時間6月15日付けで複数の脆弱性に対応するアップデートを公開しており、「Adobe Flash Player」をはじめ、28件の脆弱性へ対処。

しかしそれと前後して、Adobeでは6月10日に急遽「Adobe Flash Player 10.1.53.64」を公開しており、Appleの提供するアップデートに最新版が収録されず、脆弱性を含む旧バージョンが適用されるという。

Adobeでは、最新版「Flash Player」を利用している場合、今回行われたMac OS Xのアップデートが原因で旧バージョンへダウングレードする現象は確認されていないとしているが、アップデート実施後に最新版が適用されているか確認するようユーザーへ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
MS、11月の定例パッチで53件の脆弱性を解消 - 一部脆弱性は公開済み
Adobe、「InDesign」など複数製品に深刻な脆弱性
複数の深刻な脆弱性へ対処した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート
「VMware vCenter Server」にDoS攻撃が可能となる脆弱性など判明
JPCERT/CC、新種ランサム「Bad Rabbit」で注意呼びかけ - 被害対応依頼の窓口などアナウンス
国内でも「Bad Rabbit」を観測 - 2月には誘導スクリプトが稼働か
「Petya」類似の新種ランサム「Bad Rabbit」 - ニュースサイト経由で感染誘導
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生