Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会がネットスターのURLデータベースへフィッシングURLを提供

フィッシング対策協議会とJPCERTコーディネーションセンターのフィッシング詐欺サイト情報がネットスターへ提供されることになった。

ネットスターでは、フィルタリングなどセキュリティ製品や携帯電話向けのURLデータベースを提供しており、今回の連携により同協議会が保有するフィッシングサイトのURLデータを追加する。フィルタリング事業者が提供を受けるのは今回がはじめて。

今回の提携を通じてデータベースの提供を受けている携帯電話会社やアルプスシステムインテグレーション、トレンドマイクロなどの製品にも反映される。

フィッシング対策協議会では、2月よりフィッシングサイトのURLデータベースを会員向けに提供しており、ヤフーやKaspersky Labs Japanなども提供を受けている。

(Security NEXT - 2010/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版