Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNSを悪用したスパム配信が活発化 - シマンテックスパムレポート

シマンテックは、5月のスパムメールの動向をまとめた月例スパムレポートを発表した。ソーシャルネットワークを悪用したスパム配信が広がりを見せているとして、注意を呼びかけている。

同レポートは、同社が調査用に用意した200万件のアカウントを使用し、世界20カ国から収集したメールから、スパムに関する傾向を分析したもの。レポートによれば、5月の全流通メールに占めるスパムの割合は89.8%で、4月の89.2%と同水準だった。

一方、フィッシング攻撃については4月から9ポイント縮小。フィッシングツールキットを使った攻撃は全体の12%で前月比3ポイント減少。特定URLへの攻撃も10ポイント減少するなど、全体的な減少傾向が見られた。

また5月の傾向として、ソーシャルネットワークを利用したスパム配信が活発化している。手口は多様で、管理者からの正式な通知に似せたメッセージや、ネットワークへの参加を求める招待状を送ってリンクをクリックさせ、他のサイトに誘導するケース、ネット上で提供されているアプリケーションやツールバーを悪用するケースなども確認されている。

(Security NEXT - 2010/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に