Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNSを悪用したスパム配信が活発化 - シマンテックスパムレポート

シマンテックは、5月のスパムメールの動向をまとめた月例スパムレポートを発表した。ソーシャルネットワークを悪用したスパム配信が広がりを見せているとして、注意を呼びかけている。

同レポートは、同社が調査用に用意した200万件のアカウントを使用し、世界20カ国から収集したメールから、スパムに関する傾向を分析したもの。レポートによれば、5月の全流通メールに占めるスパムの割合は89.8%で、4月の89.2%と同水準だった。

一方、フィッシング攻撃については4月から9ポイント縮小。フィッシングツールキットを使った攻撃は全体の12%で前月比3ポイント減少。特定URLへの攻撃も10ポイント減少するなど、全体的な減少傾向が見られた。

また5月の傾向として、ソーシャルネットワークを利用したスパム配信が活発化している。手口は多様で、管理者からの正式な通知に似せたメッセージや、ネットワークへの参加を求める招待状を送ってリンクをクリックさせ、他のサイトに誘導するケース、ネット上で提供されているアプリケーションやツールバーを悪用するケースなども確認されている。

(Security NEXT - 2010/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る